カフェインの効果と危険性を消す方法とは


我々が日頃飲んでいるコーヒーや紅茶にはカフェインが含まれていますが、少量であれば健康に良い効果を期待出来ますが、取り過ぎると様々な危険性が現れます。

5f834a493b53e47a925fa11ed4cb115c_s


ここでは症状が現れないように消す方法などの対処法をお伝えします。

まずはカフェインの効果を説明して、次に取り過ぎてしまった時の危険性とそれを消す方法を紹介していこうと思っています。

カフェインの効果


コーヒーをよく飲む方はカフェインの効果が気になる方が多いと思うので、今から摂取した時にどのような影響が出るのか紹介します。

カフェインの効果

脂肪分解作用
集中力と記憶力の向上
リラックス効果
眠気の軽減

以上がカフェインを摂取した時に得られる効果です。

脂肪を分解する作用は「リパーゼ」という脂肪を分解する酵素を活性化させる効果によるもので、胃液を分泌して消化が助かる事が判明しています。

またカフェインを摂取して30分後には脂肪燃焼作用が2倍になるようです。

集中力と記憶力にも好影響が現れ、カフェインを実際に摂取した人と摂取しない人とでは、テストの成績が摂取した人の方が良かったと分かっています。

記憶力を上げる効果は短期的な記憶が上がり、試験の2時間前に飲む方も多いです。

カフェインには眠気を軽減させる作用があり、この作用と同時に脳の疲労感を取り除き、精神的にも安心感が現れる事が分かっています。

この作用が始まるのはカフェインを摂取して30分以内に起こります。

効果が始まり次第8~14時間継続する事が特徴で、最も作用が大きく現れるのは摂取してから3時間後であり、普段カフェインを取らない人は影響が早く出ます。

スポンサードリンク


カフェインの危険性


先ほどはいい効果ばかり紹介していきましたが、やはりカフェインを過剰摂取すると危険性も出てくるので今からそれらを紹介します。

カフェインの危険性

自律神経の乱れ
貧血や骨粗しょう症
急性胃炎
胎児の早産
睡眠障害
中毒症状

以上がカフェインを過剰摂取した際に現れる危険性となります。

やはりカフェインは神経を興奮するため、自律神経が緊張状態となってバランスが崩れる事から、頭痛・めまい・立ちくらみ・吐き気・気分の悪さなどの症状が出ます。

また自律神経の乱れは精神の不安にも繋がるため、危険性は高いです。

カフェインは体内にある栄養である鉄分やカルシウムを壊す効果があり、そのせいで女性に多い貧血や骨粗しょう症の発症率が高くなってしまいます。

栄養が壊される事から妊婦が100mg以上摂取すると早産の確率が1.2倍に上がります。

またカフェインは胃液を分泌するため、過剰摂取すると胃液で胃が荒れ、急性胃炎となって下痢や嘔吐を伴うなどの危険性が現れるので注意しましょう。

カフェインによる睡眠障害効果は8~14時間継続されるため厄介です。

実際に夕方飲んだ人は夜眠るのが困難な方が多く、昼までに飲むと睡眠の邪魔にならず有効であり、睡眠を取らないと自律神経が乱れ危険性が増します。

またカフェインには中毒症状という危険性があります。

最初は脳の疲労感を取ってリラックス効果を得られるのですが、徐々に効果は弱まっていき、強い疲労感が出て情緒不安定となったり、頭痛を伴います。

そのせいかカフェインの摂取量がどんどん増えるという危険性が出てきます。

スポンサードリンク



カフェインの作用を消す方法


やはりコーヒーが好きな人はカフェインの効果を消す方法が気になると思いますが、実際にはそのような方法は残念ながらありませんが、対策方法ならあります。

例えば取り過ぎで気持ち悪い時は水を大量に飲むと良いです。

これをすると危険性が弱くなると同時に体内のカフェインを薄める事が出来るため、消す方法にはなりませんが効果的な方法で、尿で早めに体外に流す事が出来ます。

また効果を消す方法ではありませんが、ノンカフェインの物を飲むのも有効です。

ちなみに眠気が無くて夜眠る事が出来ないという副作用を対策方法は、とにかく昼までにコーヒーを飲む事で、これをすると睡眠の支障はあまりでないでしょう。

カフェインを摂取する時に出来れば100mgまでに抑えると良いです。

これは1日1杯ぐらいにコーヒーを抑えるという事で、1日1杯を守れば危険性は低いのですが、それが無理なら3杯までに留めた方が健康のためです。

1日4杯飲む人は早死にする傾向にあるため、非常に危険性が高いです。

ちなみに消す方法というよりもカフェインの効果で消されたカルシウムや鉄分を吸収するという方法もあり、牛乳やナッツ類を食べて補給するのも良い方法です。

以上でカフェインの危険性と消す方法について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ