カフェインの効果と有効性!集中力アップにも期待出来る!?


コーヒーなどの身近にある飲み物に含まれているカフェインの効果には、様々な有効性があり、集中力をアップさせる事も期待出来るようです。

879dc20bad52ce53968861114b0eec45_s


ここでは摂取した時の影響を紹介するので、気になる方は見てください。

まずはカフェインの効果と有効性について説明して、次に集中力がなぜアップするのか詳細を解説していきたいと思います。

カフェインの効果と有効性


やはりカフェインを日頃から摂取している人は有効性などの効果が気になると思うので、今から紹介していきます。

カフェインの有効性

集中力のアップ
眠気の改善
記憶力のアップ
やる気の向上
脂肪の分解
ストレス解消

以上がカフェインの効果による有効性となっています。

コーヒーを飲むと集中力がアップするのは、ドーパミンやノルアドレナリンが脳内から分泌する事と繋がっており、この分泌作用によって脳に覚醒作用が出ます。

すると集中力が上がりそれと同時に眠気も改善するようです。

また砂糖を3g入れると集中力がさらに向上するとされているため、カフェインの有効性を上げるには砂糖を3g入れると効果が高いと言えます。

ちなみにカフェインの効果は記憶力もアップするため、試験勉強におすすめです。

コーヒーを全く飲まない人と飲む人とでは長期記憶に違いが見られており、飲む人は飲まない人よりも記憶力があるとされています。

また認知症の予防にも役立つという有効性があります。

カフェインの効果には「リパーゼ」という脂肪を分解する酵素を活性化させる有効性があり、この成分で脂肪燃焼効果が上がるとされています。

またリラックス作用でストレスを解消して、脳の疲労を取り除くようです。

スポンサードリンク


カフェインの危険


カフェインを摂取すると集中力が上がるなど嬉しい利点を紹介しましたが、取り過ぎてしまうと効果が悪い方向に流れて以下のような症状が出ます。

取り過ぎによる危害

生理痛の悪化
頭痛やめまい
急性胃炎
カフェイン中毒

以上がカフェインの効果が出過ぎた時に現れる症状です。

コーヒーなどを飲み過ぎるとカフェインの影響で冷え症に繋がり、生理痛が悪化する事が分かっているので、女性の方は特に気を付けるべきです。

また自律神経を乱す効果があるので、頭痛やめまいが出る事もあります。

自律神経が乱れると精神にも影響を及ぼし、精神の不安やうつ病などの症状が悪化するので、ネガティブな人はカフェインの過剰摂取を絶対に止めましょう。

また通常ならカフェインの有効性であるリパーゼも摂取し過ぎると害が出ます。

それは胃液の大量分泌による急性胃炎で、この症状が出ると下痢や頭痛などが現れ、胃が荒れてしまうため肌も有れるという危険性が出ます。

ちなみにカフェインの効果には依存性があることも分かっています。

最初は疲労感を取る有効性がありますが、次第に効果が薄れていき、中毒症状が出て頭痛や疲労感が出て、それを改善するためにカフェインの摂取量が増えます。

それが続きどんどん摂取量が増えて危険性がアップしていきます。

スポンサードリンク



集中力が最も上がる時とは


カフェインを摂取たら集中力が上がるという効果があると説明しましたが、この有効性が最も大きく出るのは摂取して3時間後とされています。

また効果が現れるのは30分以内には現れる事なっています。

ちなみに継続時間は8~14時間とされており、この時間の間はカフェインの効果が続くため、集中力アップの有効性は継続される事となります。

しかし、この8~14時間の間には眠気を奪われる事となります。

きっちりと睡眠を取っていないと集中力を上手く活用するのは難しく、カフェインの効果を上手く引き上げるに昼までに摂取すると有効性を発揮できます。

夕方にカフェインを摂取すると夜眠るのが難しい人は多いので注意しましょう。

また集中力を上げる場合はコーヒーよりも紅茶の方が効果が高く、意外にも紅茶の方がカフェインが多いので、有効性が高いと言えるでしょう。

ちなみに温かい状態にした方が集中力に好影響が出てきます。

カフェインの有効性を生かすには昼までに飲んで、下痢や嘔吐にならないために
空腹状態で飲まなければ効果を上手く活かす事が可能です。

以上で有効性と集中力について終わりたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ