コーヒーダイエットで痩せた!ランニングで効果が高まる!?


コーヒーは体に悪いと思われがちですが、最近は飲む事によりダイエット作用があると分かっており、痩せた方もいるそうです。

79ec017077dd34463d7b3b1195f35362_s


またランニングをすると作用が高まるので、おすすめの時間をお伝えします。

最初にコーヒーダイエットの効果について説明して、次に痩せたいと考えている人に効果的なランニングの時間帯を紹介します。

コーヒーダイエットとは


痩せたい人はやはり脂肪を取り過ぎている方が多く、コーヒーダイエットで痩せたいと願っている方で脂肪を多く取る方には特におすすめです。

ダイエット作用の理由はカフェインの影響による脂肪分解作用です。

コーヒーが含むカフェインは「リパーゼ」という消化酵素を活性化させる効果があり、リパーゼは脂肪を分解する役割を持っています。

そのためコーヒーダイエットで痩せたという方がいます。

またカフェインは胃を刺激して活動を活発にさせる効果があるため、便秘を改善するため体重が落ちて痩せた方も出ているようです。

カフェインの効果はまだまだあり、血行を良くすることも分かっています。

コーヒーダイエットの利点は血流を良くして基礎代謝を良くする作用があり、糖尿病や高血圧の方に多い、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐ事も判明しています。

しかも痩せやすい体質になるため、痩せたい方以外にもおすすめできます。

またコーヒーダイエットはリラックスにも有効で、ストレスを解消してくれるため、ストレスから来る暴飲暴食を防ぎ痩せる事が出来るのです。

このように痩せたい方にとてもおすすめできる飲み物です。

スポンサードリンク


ランニングでコーヒーの効果が上がる!?


ダイエットして痩せたい方はコーヒーを飲むのが良いのですが、飲んだ後はランニングなどの有酸素運動をすると良いです。

ちなみに飲んで20~30分後には2倍の脂肪燃焼効果があるとされています。

実際にコーヒーダイエットをしつつ、ランニングをした人は内臓脂肪が減った感じがするという意見があり、痩せた方もいるようです。

またランニングが嫌いな人はウォーキングでも効果があります。

しかし、ウォーキングで痩せたいと考えている方には厳しい面があるため、早歩きでするとダイエット作用が大きいので毎日20分歩くと良いでしょう。

ランニングもウォーキングと同じようにコーヒーを飲んで20分やりましょう。

問題なのは空腹時でなければ内臓脂肪を減らしにくい事が分かっており、ランニングダイエットをする際は少量の食事を摂取して、コーヒーを飲みましょう。

また何も摂取しなければカフェインで胃が荒れるので、注意しましょう。

カフェインが多いブラックコーヒーだとダイエット効果が高く、ランニングをする際に痩せたい方はブラックを飲むように意識しましょう。

またランニング以外にも有酸素運動であるサイクリングなども良いです。

スポンサードリンク



コーヒーランニングの注意点


痩せたい方はコーヒーランニングでダイエットがしたいと思う方もいますが、その時に注意しなければならない点があります。

それは砂糖や牛乳を入れて脂肪を摂取しない事です。

脂肪を摂取するとせっかくコーヒーランニングをしても内臓脂肪を減少させにくくなるため、ダイエットして痩せたい方はハチミツを入れましょう。

ハチミツは砂糖よりもカロリーが低く甘いので、ダイエットにおすすめです。

またランニングをする際にコーヒーでは水分補給にはならないので、水をペットボトルに入れて小まめに飲むと健康に良いと言えます。

健康に痩せたいと考えている人はランニング前にしっかり水を飲みましょう。

また一気に3杯もコーヒーを飲むとお腹の調子が悪くなり、下痢になるケースが見られるので最大でも2杯までにすると良いでしょう。

ランニングは朝起きてブラックコーヒーを飲み、走るとダイエットに有効です。

ちなみに寝る前に飲むと睡眠の妨害となり、睡眠の質が落ちると太りやすくなってしまうので、痩せたい方は寝る前に飲むのは控えましょう。

以上でコーヒーダイエットについて終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ