カフェインの効果と副作用!頭痛の対処法とは


コーヒーやお茶などの幅広い飲み物に含まれているカフェインは摂取すると頭痛などの副作用が出るため、ここでは詳しい詳細をお伝えします。

0a26d1ac7d5e8901d10b907859f8db48_s


また効果が出た時の対処方法などを紹介していこうと思います。

最初にカフェインの効果で現れる副作用について説明して、次に頭痛などの症状が出た時に出来る対処方法を解説します。

カフェインの効果


基本的にカフェインの影響が出始めるのは100mgとされており、コーヒー1杯飲むと簡単に満たしてしまうため、効果が出やすいと言えます。

作用が出始めると脳に覚醒作用を与えて、以下の効果が現れます。

カフェインの効果

心拍数の上昇
集中力アップ
眠気の軽減
脂肪の分解
リラックス作用

以上がカフェインを摂取した時の効果となっており、摂取して30分以内に効果が出始めるとされており、継続時間は8~14時間続く事となります。

ちなみにカフェインの作用が最も強く出るのが3時間後とされています。

継続時間には個人差があり、リラックス作用はストレス解消に繋がるだけでなく脳の疲労感を取り除くため、なんとなく摂取する方も多いようです。

またカフェインには脂肪を分解する酵素「リパーゼ」を活性化する効果があります。

食べ過ぎた時にコーヒーなどを飲むと消化に役立ち、カフェインを摂取して30分後には脂肪燃焼効果が2倍になるとされているため、ダイエットに繋がります。

この時にジョギングやウォーキングをすると痩せやすいです。

また集中力アップというのはやる気を上げる効果があるとされているのですが、元々やる気がある人がカフェインを摂取すると逆に意欲が落ちるようです。

スポンサードリンク


カフェインの副作用


やはりカフェインを摂取すると頭痛などの副作用が出るため、今から現れる症状を紹介するので、コーヒーをよく飲む人は見てください。

カフェインの副作用

下痢や吐き気
自律神経の乱れ
睡眠障害
肌荒れ
脂肪の増加
中毒症状

以上がカフェインを摂取した時に現れる副作用となります。

なぜ下痢や吐き気が現れるのか、それはリパーゼを活性化させる効果によって胃液が大量に分泌される事から、胃の中が荒れて胃膜が傷つき下痢や吐き気に繋がります。

この時にカフェインで胃が荒れる事から、肌荒れの副作用が出てきます。

またカフェインは神経を興奮させる事から自律神経を緊張させる事が分かっており、その効果で頭痛・立ちくらみ・冷え・めまい・精神の不安などの副作用が現れます。

ちなみに摂取して8~14時間は効果が続くため、夜寝るのも困難です。

カフェインの副作用で太る理由はカフェインが「カリウム」を壊すのが理由で、カリウムは塩分を排出する効果があり、塩分は食欲増進に繋がるため太る原因となります。

また水分も塩分濃度を薄めるため、必要以上に摂取して太る副作用が出ます。

カフェイン効果で現れる副作用で最も怖いのが依存症であり、最初は脳の疲労感を取り除くのですが、その作用が弱まって摂取量も増えていきます。

しかも効果を感じないと脳の異様な疲れを感じたり、頭痛や精神の不安などの症状が出るので、カフェイン摂取量が増えていくという副作用が分かっています。

スポンサードリンク



副作用や頭痛を防ぐ方法


まずカフェインを大量に摂取してしまった時には水分を沢山飲む事が効果的で、これをすると副作用や頭痛が和らぎやすいのでおすすめです。

頭痛が酷いという人はなるべく光や音がする場所から避けましょう。

例えばライブや人混みなど刺激が強い場所では頭痛が悪化するので控えて、暗くて静かな部屋でゆっくり休むと効果的です。

また頭痛は睡眠の質がカフェインで落とされているのも問題です。

人間は寝ていても睡眠の質が悪いと酸素が脳に届かずに元気が出ない事が分かっており、カフェインは睡眠の質を落とす副作用があるので改善する事が大切です。

そのためにはコーヒーなどを昼までに飲む事が有効で、夕方も飲んではダメです。

なぜなら夕方に飲んでもカフェインの効果で眠れないという方が多いため控えるべきで、これを改善すると頭痛を改善する事に効果があります。

また頭痛などの副作用を出さないためにはノンカフェインの物を飲むと良いです。

ちなみに妊婦の方はカフェインを取り過ぎてしまうと早産する可能性が高くなるので、コーヒーを飲む場合は1日1杯までに抑える事にしましょう。

以上で副作用と頭痛について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ