ほうじ茶のカフェインで授乳や一歳の幼児に与える影響とは


出産した方は授乳の時期に入り、幼児(0~3歳)の世話もしなければなりませんが、カフェインを含むほうじ茶を飲んでも良いのか気になると思います。

おおおお


ここでは飲んだ時の影響などを紹介していきます。

まずはほうじ茶に含まれるカフェインを摂取した時に出る授乳への影響を説明して、次に一歳ほどの幼児に与える場合の注意点をお伝えします。

ほうじ茶のカフェインと授乳の関係


やはり1歳ほどの幼児がいる時期の母親は授乳が気になるので、ほうじ茶を飲んでも良いのか気になると思いますが、基本的には問題ありません。

カフェインは摂取して30分以内には母体に吸収されます。

そして授乳する母乳にも摂取したカフェインの0.5~1.5%入り、それを飲む幼児にも影響が出るとされていますが、ほうじ茶のカフェイン量はとても少ないです。

ほうじ茶150mlの中のカフェイン含有量は30mgとされています。

ちなみに授乳期の時にコーヒーを2杯ほど飲むと影響が出る傾向があるとされていますが、コーヒー150ml中のカフェイン量は100mgとされています。

ほうじ茶は圧倒的にカフェインが少ないため全く問題ありません。

ちなみに授乳期の方は「ルイボスティー」がおすすめで、ルイボスティーは母乳が出やすくなる効果があり、実際に効果があった方もいるようです。

ほうじ茶ではまず幼児がカフェインの影響を受ける事はありません。

豆知識として影響を受けた幼児を説明をすると不眠になる傾向があり、落ち着きがない感じで機嫌が悪く落ち着きがない性格に変貌するようです。

また一歳の幼児がカフェインを消化する時間は3日掛かるとされています。

スポンサードリンク


一歳からの幼児に飲ませていい!?


カフェインを幼児に摂取させるのはあまり良い事ではなく、一歳の幼児に与えても良いカフェイン量は1日100mgとされています。

そのためほうじ茶を1日3杯までなら飲ませて良いという事になります。

なぜ一歳の幼児にカフェインを与えてはならないのか、それは成長を妨げる事に問題があり、カフェインは脳を覚醒させて、眠気を奪う作用があります。

そのため夜寝るのが困難となり、成長ホルモンが出ないため、背が伸びません。

ほうじ茶を飲んで眠気が奪われる時間が始まるのは、30分後とされており、眠気は8~14時間奪われるため、一歳の幼児にはとても辛いです。

昼までに飲んでおかないとカフェインのせいで夜眠るのが困難です。

また一歳の幼児がほうじ茶でカフェインを過剰摂取すると鉄分とカルシウムを壊されてしまい、怒りやすくなって精神的にも不安定となります。

カフェインは依存性もあるため、一歳の幼児に飲ませるのは注意が必要です。

1日3杯のほうじ茶を飲むと次はカフェインを全く含んでいない麦茶や黒豆茶を飲ませるのが有効なので、飲ませてあげるようにしましょう。

ちなみに一歳の幼児が12歳になったら100mg以上摂取して良いです。

スポンサードリンク



ほうじ茶の効能


授乳時や一歳の幼児に与える時の危険性が分かったと思うので、次にほうじ茶の効能について説明していきたいと思います。

ほうじ茶の効能

便秘の改善
高血圧の予防
美肌効果
脂肪の吸収
ストレス解消

以上がほうじ茶の効能と言えます。

毎日飲み続ける事によって便秘を改善する事が可能で、タンニンという成分で血流が綺麗になるため、高血圧の方におすすめです。

また美肌に近づく事が出来るため、ほうじ茶は女性におすすめです。

脂肪吸収効果はカフェインによる作用も関係しており、カフェインは「リパーゼ」と呼ばれる成分を活性化させる作用があり、リパーゼは脂肪を分解する酵素です。

そのためほうじ茶を飲んだ後に脂肪燃焼する効果が高まります。

リラックス作用があるためストレス解消にも有効なのですが、カフェインを取り過ぎた幼児は精神が不安定なので、そういう時は飲ませるのを控えましょう。

ちなみにカフェインは取り過ぎると冷え性にもなります。

そのため一歳の幼児が寒がっている場合はほうじ茶を控えた方が良く、夜寝る事がないとうい時はカフェインを控えさせます。

以上でほうじ茶による授乳と一歳の幼児について終わります。

スポンサードリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ